Road to Cambridge®
ケンブリッジ大学 フィッツウィリアム・カレッジ
学術交流包括協定派遣留学プログラム

ケンブリッジ大学

比類なき伝統と名声を誇る、世界の科学の発祥の地、科学の最先端を進むケンブリッジ大学は近代国家成立以前から存在し、ある意味で国づくりの基盤的役割を果たしてきました。そこには決して場当たり的ではない仕組み、国や社会の営みを支える哲学が根付いており、800 年以上の歴史と伝統を築いてきました。 ケンブリッジ大学は、現代社会の贅沢、華やかさ、便利さを提供する場所ではありません。本来、相矛盾するものと考えられている伝統と革新が共存し、結合させることを指針とする教育を奨めています。
時代の流れによって変わってはならないもの、変わらなければならないもの、古今東西変わらぬ、人の喜怒哀楽を理解し、次代を担う青少年が継承しなければならない原点となるものを、今なお、粛々と、伝えています。 ケンブリッジ大学の学生や現地の留学生たちとの交流を通して、「自由と規律」の英国の伝統的全人教育を体験し、自国および他国の文化の共通点、違いに対する理解を深め、国際的視野を豊かにすることを目的とするグローバル人材育成推進プログラムを提供しています。

英国ケンブリッジ大学 フィッツウィリアム・カレッジ
学術交流包括協定派遣留学プログラム

英国ケンブリッジ大学学術交流包括協定派遣留学は、ケンブリッジ大学を構成する31のカレッジの一つ、フィッツウィリアム・カレッジ との協定のもとに実施する。 FITZ EVENTS と OIEG Oxford International Education Group と International Communications Council ICC Asia Programme が共同企画運営するプログラムである。

「グローバル教育」― 視線を広く世界に向ける人材育成

FITZWILLIAM COLLEGE UNIVERSITY OF CAMBRIDGE

A COLLEGE FOR ALL SEASONS

The UK is always a popular destination when it comes to learning English, and Cambridge is renowned for its prestigious university and unique traditions making it one of the best locations for foreign students. Each year, more and more overseas students decide to study abroad and they tend to opt for a summer school. However, there is a growing trend for students now looking at winter and spring programme options in a wide variety of subjects.
The Fitz Events Team work closely with a number of established summer school organisations, many of which are now running winter and spring schools at Fitzwilliam.

Fitz Events Office
Fitzwilliam College, Storey’s Way, Cambridge CB3 0DG
United Kingdom

The Fitz Events Team

FITZ EVENTS LAUNCH

Forty event planners attended a recent reception to celebrate the relaunch of the conference and meetings offering at Fitzwilliam College, now branded Fitz Events.

Representatives from companies and organisations in the wider Cambridge area attended to hear at first hand what is available for events of all kinds – residential conferences, one-day meetings and corporate dinners – and to be introduced to the new Events Team.

FITZ EVENTS BRINGS NEW LOOK TO CONFERENCES & MEETINGS

Presentations were made by the new Master of Fitzwilliam College, Sally Morgan, Baroness Morgan of Huyton, the Bursar Andrew Powell, Fellow Kourosh Saeb-Parsey and Head of Catering & Events Robert Clarke.

Fellow Kourosh Saeb-Parsy who not only studied at Fitzwilliam as an undergraduate and postgraduate, but has also held many events at the College over the years in his role as Transplant Surgeon at Addenbrooke’s Hospital, highlighted the benefits of using the venue for conferences, research meetings and dinners.

The Events Team took the guests on informal showrounds in small groups, followed by a drinks and canapés reception in the Foyer of the Auditorium.

Robert Clarke said: “We are delighted to relaunch our meetings offering today and to demonstrate our capability for hosting events of all kinds. Our new Events team is highly experienced in helping clients to create memorable occasions – whether it’s a small gathering or a much larger residential conference.

“Not only can we provide excellent facilities, we can also add value to our clients’ events with our flexible and creative approach.”

Master Baroness Morgan added: “Fitzwilliam College has a reputation for being approachable, friendly and welcoming. We hope to see many existing and new clients bringing their events here so they can appreciate our facilities and service for themselves.”

Fitzwilliam College is located in a tranquil setting, with award-winning architecture, attractive gardens and just a few minutes away from Cambridge city centre. Its 19 accessible meeting rooms provide natural light and welcoming spaces for groups of 10-240 delegates.

From the left of the photo
The Head of the Fitz Events, Robert Clarke
The new Master of Fitzwilliam College, Baroness Sally Morgan
The Bursar, Andrew Powell
From https://www.fitz-events.com/news/fitz-events-launch

学術交流包括協定派遣留学プログラム実施場所

ケンブリッジ大学フィッツウィリアム・カレッジ

Fitzwilliam College Cambridge - Master's introduction and welcome

I’m Nicola Padfield. I’m a criminal justice lawyer and I’m the Master of Fitzwilliam College.
Fitzwilliam was created specifically to broaden access to the University of Cambridge. And we’re rightly proud of that history. Today I think we pride ourselves too on being a very friendly, supportive community. Very focussed on our academic mission. We expect a great deal of our students, they work extremely hard. And that’s what we offer here; an extraordinary education, extraordinary opportunities for those who want to take them.

Our students come from all sorts of educational and social backgrounds. We have a significant proportion of international students and I think that’s another of the joys of Cambridge; that students really do meet people from all walks of life. My main role within the university is that I’m a reader in criminal and penal justice, which means that I lecture in the Law faculty. I supervise PhD students, I’m involved in the full gamut of examining within the university.

Normally at about 8:30 I wander over to the college café. It’s much used by all the college students, staff and fellows. It’s got a great atmosphere. The facilities in Fitzwilliam are fantastic. We have a great auditorium. We’ve got a stunning library, a beautiful chapel, a great bar, boathouse, sports grounds and we find ourselves in a fantastic position between the centre of the town and the new developments in the west and north-west of Cambridge. I think that we’re very conscious if we work here that we’re very privileged. And with those privileges come responsibilities, responsibilities to the wider community. And that’s part of what the student education is all about.

Anyone who’s thinking about coming here should of course start with our website. But for those who can, there’s nothing like a visit. I hope that from the moment any visitor walks through the porter’s lodge, they have a very clear insight into what makes this a very special place.

Student 1: The Fitz environment is really warm, really warm and welcoming because it has a really relaxed environment.

Student 2: The thing I value most about Fitzwilliam is probably the diversity. So the sheer range of people from all different backgrounds, all different countries and all different subjects.

Student 3: If you do choose to apply to Fitzwilliam, it would be the best decision of your life. It can completely change your life. The amount of opportunities this college gives you is just outstanding. I never thought I’d be at Fitzwilliam, nor did I think I’d be president of it’s student union. So definitely go for it, you’ve got nothing to lose.

フィッツウィリアム・カレッジは、当初、奨学生を受け入れる非カレッジ制の学生寮として設立され、ケンブリッジ大学事務局本部の一部として運営されフィッツウィリアム・ハウスと呼ばれた。その後、現在の場所に移転し、フィッツウィリアム・カレッジとして設立された。今なお、ケンブリッジ大学入試部事務局本部はフィッツウィリアム・ハウスと呼ばれている。このような経緯から、フィッツウィリアム・カレッジの紋章は、ケンブリッジ大学の紋章とフィッツウィリアム伯爵の紋章を組み合わせたもので、ケンブリッジ大学の紋章そのものをカレッジの紋章に取り入れているのは31あるカレッジの中でもフィッツウィリアム・カレッジだけである。

学術交流包括協定派遣留学プログラム運営

OIEG Oxford International Education Group https://www.oxfordinternational.com/

Founded in 1991, OIEG Oxford International Education Group is an accredited, private education provider that operates independent boarding schools, international colleges, educational tours and English language centres across the UK and North America to create life-enhancing experiences for students worldwide. The courses help over 50,000 UK and international students achieve academic success every year. OIEG Oxford International Education Group has built strong relationships with education consultants around the world and pride themselves on delivering the best programmes for their students.
Headquarter:259 Greenwich High Road, Greenwich, London, SE10 8NB United Kingdom

オックスフォード・インターナショナル・エデュケーション・グループ

英国の大学生対象の教育研修を企画する会社として1991年にThe Prince’s Trustの協力と支援の基に設立。同年、英国の大学生のみならず、留学生対象の英語研修プログラムを企画、始動。The Prince’s Trust は、1976年にチャールズ皇太子によって、英国の青少年の教育支援事業をするために設立された慈善団体である。英国やアメリカ、カナダの大学と連携し学部留学を担うUniversity Pathway Programmeを推進し、青少年の国際理解教育に携わっている。
ケンブリッジ大学フィッツウィリアム・カレッジより国際理解教育プログラムについて委託されているThe Bucksmore Education は、OIEG Oxford International Education Group の一部門である。2019年の国際理解教育における英語言語教育部門で最優秀賞を取得している。
https://pieoneerawards.com/thepieoneerawards2019/en/page/home
https://pieoneerawards.com/thepieoneerawards2019/en/page/2019-winners

ICC International Communications Council Asia Programme

ICC(International Communications Councils)は青少年の国際理解教育を推進する教育法人である。オックスフォード、ケンブリッジ、ロンドンを拠点に活動し、アジア・ オセアニア地域で英国留学のサポートを実施している。
Road to Oxford ®5677926 ,  Road to Cambridge ®5677927 は、 ICCの登録商標である。
Japan Office:兵庫県神戸市北区青葉台16番1号

プログラム概要

① Global Leadership and General English Course at Fitzwilliam College, Cambridge University
日程: 協定派遣 短期留学(3週間) 
Course code :ICC3W2020-2GL 夏期: 2020年8月15日(土)~2020年9月5日(土)
Course code :ICC3W2021-1GL 春期: 2021年2月20日(土)~2021年3月13日(土) 
Course code : ICC3W2021-2GL 夏期: 2021年8月14日(土)~2021年9月4日(土) 
Course code :ICC3W2022-1GL 春期: 2022年2月19日(土)~2022年3月12日(土) 
協定派遣 短期留学(4週間)
Course code :ICC4W2020-2GL 夏期: 2020年8月15日(土)~2020年9月12日(土)
Course code :ICC4W2021-1GL 春期: 2021年2月20日(土)~2021年3月20日(土) 
Course code :ICC4W2021-2GL 夏期: 2021年8月14日(土)~2021年9月11日(土) 
Course code :ICC4W2022-1GL 春期: 2022年2月19日(土)~2022年3月19日(土) 
協定派遣 中期留学(14週間)
Course code : ICC14W2020-2GL 秋学期: 2020年9月6日(日)~2020年12月12日(土)
Course code : ICC14W2021-1GL 春学期: 2021年3月14日(日)~2021年6月19日(土)
Course code : ICC14W2021-2GL 秋学期: 2021年9月5日(日)~2021年12月11日(土)
Course code : ICC14W2022-1GL 春学期: 2022年3月13日(日)~2022年6月18日(土)

本コースは、グローバルリーダーとなる資質養成コースである。
グローバルリーダーとして、物事の分析の仕方、説得力、ディベートの仕方、スピーキング、ライティングのプレゼンテーション・スキルなどを習得する発信型英語研修である。コミュニケーション能力と異文化を受容する力、国際レベルで対等に自己表現する発信力、主体性と協調性を兼ね備えたグローバル人材育成コースである。午前中はトップレベルの有資格者による英語レッスン、午後はケンブリッジ大学の学生やコミュニティでのフィールドワークや課外活動を通して、交流を深める。

② Global Leadership and Data Science Course at Fitzwilliam College, Cambridge University
日程: 協定派遣短期留学(3週間)
Course code : ICC3W2020-2DS 夏期: 2020年8月15日(土)~2020年9月5日(土)
Course code : ICC3W2021-1DS 春期: 2021年2月20日(土)~2021年3月13日(土) 
Course code : ICC3W2021-2DS 夏期: 2021年8月14日(土)~2021年9月4日(土) 
Course code : ICC3W2022-1DS 春期: 2022年2月19日(土)~2022年3月12日(土) 
協定派遣 短期留学(4週間)
Course code : ICC4W2020-2DS 夏期: 2020年8月15日(土)~2020年9月12日(土)
Course code : ICC4W2021-1DS 春期: 2021年2月20日(土)~2021年3月20日(土) 
Course code : ICC4W2021-2DS 夏期: 2021年8月14日(土)~2021年9月11日(土) 
Course code : ICC4W2022-1DS 春期: 2022年2月19日(土)~2022年3月19日(土) 

本コースは、ケンブリッジ大学数学部Cambridge University Mathematics Facultyとの協力のもとに、グローバルリーダーとなる資質の一つとして、データにもとづいて合理的な判断を行い、ビジネスの意志決定を導くデータ・サイエンス (Big data and Big issues, Adwords, Data mining, Crypto currencies, Data visualization, GDPR, Digital Encryption, Artificial Intelligence 等)について学ぶ。データサイエンスは、応用の文脈をもち、医学、経済学、社会学、人文科学、工学など、超領域性の様相を呈し、その成果に対しては明確な社会的説明責任を求める分野である。データサイエンスで使用される手法は多岐にわたり、情報科学、統計学などを学際的に扱い、数学、統計学、情報工学、パターン認識、データベースなどに関わる。
データサイエンスとは、データを用いて、データサイエンスを構成する本質的な側面である物事の統計的視点、計算的視点、人間的視点を有機的に結合させ、これらの視点から物事を俯瞰させ、社会に有益な知見を引き出すことである。
右の絵を見てください。この絵はウサギですか、それともアヒルですか? 同じ一つの絵でも、見方、解釈の仕方によっては、ウサギであり、アヒルでもあります。
それを何故ウサギなのか、何故アヒルなのか、証明するために客観的分析力が必要となります。
ただ単に、ウサギに見える、アヒルに見えると言うのでは、証明・説得力はありません。
証明の方法の一つとして、データの分析・解析による方法があります。データの分析・統計は、今後、非常に注目される分野であり、マイクロソフト社が技術分野で最も重視している分野の一つでもあります。統計学は、医学、薬学、経済学、心理学など、実証分析を伴う分野において必須で、社会の状態を科学的に分析し、今後最も有益なスキルの一つだと言っても過言ではありません。

③ Global Leadership and STEM Course at Fitzwilliam College, Cambridge University
日程: 協定派遣 中期留学(14週間)
Course code : ICC14W2020-2STEM 秋学期: 2020年9月6日(日)~2020年12月12日(土)
Course code : ICC14W2021-1STEM 春学期: 2021年3月14日(日)~2021年6月19日(土)
Course code : ICC14W2021-2STEM 秋学期: 2021年9月5日(日)~2021年12月11日(土)
Course code : ICC14W2022-1STEM 春学期: 2022年3月13日(日)~2022年6月18日(土)

本コースは、ケンブリッジ大学自然科学部The University faculty for Natural Sciences (Biology, Chemistry etc)との協力のもとに、新時代の教育方法として導入されているSTEM教育を実践するものである。STEM教育とは、Science科学 Technology技術 Engineering工学 Maths数学の4つの分野を総称した教育システムである。 
       今世紀のグローバルリーダーとして求められる資質に、IT社会とグローバル社会に適応した国際競争力がある。それは単にIT技術をもつ人材ではない。グローバルリーダーとしての資質を養成するために、STEM教育はいかに運用されるべきか、自発性、判断力、問題解決力、創造力を養成するためにSTEM教育の役割について学ぶ。
具体的にEvolution of biofuels to fuel cells, Business Unicorns, Renewable energies, Chemical Energetics, The Chemistry of Life, Inorganic and Organic Chemistry, Energy sector, Design and control, Atomic / nuclear physics, Thermodynamics, Human spaceflight, WASH and Biodiversity等について学び、受講生はチームに分かれ、“Building Robots”, “The Ethical Investments of Trinity College Cambridge”, “Business Innovation”等について、ワークショップをする。

④ Global Leadership and International Business and Career Course at Fitzwilliam College, Cambridge University
日程:    協定派遣 短期留学(4週間)
Course code : ICC4W2020-2IB 夏期: 2020年8月15日(土)~2020年9月12日(土)
Course code : ICC4W2021-1IB 春期: 2021年2月20日(土)~2021年3月20日(土) 
Course code : ICC4W2021-2IB 夏期: 2021年8月14日(土)~2021年9月11日(土) 
Course code : ICC4W2022-1IB 春期: 2022年2月19日(土)~2022年3月19日(土) 
協定派遣 中期留学(14週間)
Course code : ICC14W2020-2IB 秋学期: 2020年9月6日(日)~2020年12月12日(土)
Course code : ICC14W2021-1IB 春学期: 2021年3月14日(日)~2021年6月19日(土)
Course code : ICC14W2021-2IB 秋学期: 2021年9月5日(日)~2021年12月11日(土)
Course code : ICC14W2022-1IB 春学期: 2022年3月13日(日)~2022年6月18日(土)
協定派遣 長期留学(23週間)
Course code : ICC23W2020IB 秋学期: 2020年10月4日(日)~2021年3月13日(土)
Course code : ICC23W2021IB 秋学期: 2021年10月3日(日)~2022年3月12日(土)

本コースは、シリコン・フェンと呼ばれるイギリスにおけるハイテク産業の中心地に在し、世界のビジネスを牽引する人材を輩出しているジャッジ ビジネススクールCambridge University Judge Business Schoolは、ケンブリッジ大学の前身であり、実学に秀でているケンブリッジ大学の特徴を生かしたコースである。
ビジネスの仕組みについて、経済、金融、マーケティング、戦略プラン、物流、貿易、輸送、コミュニケーション力、異文化スタディなど、国際ビジネスシーンで必要となる知識を身につけるMBA入門コースである。

  • 企業訪問:Clean Tech (https://cambridgecleantech.org.uk/), Cambridge Satchel Company https://www.cambridgesatchel.com/, The Mini Cooper Factory https://www.visit-mini.com/visitmini/ , The Mercedes World https://www.mercedes-benzworld.co.uk/ などの企業訪問による実体験を踏まえながら、本来、ケンブリッジ大学工学部に設置された経営学を母体にもつ起業家精神と資質・能力を育むアントレプレナー(起業家)教育とイノベーションマネジメント・ファイナンスについて学ぶ。
  • ワークショップ:企業がビジネスとして成功した要因についてワークショップをする。(例:「コカ・コーラ」)

世界的な競争と共生が進み、グローバル化する現代社会が求める人材とは、、、。
世の中は、近年のグローバル化に伴い、複雑、不確実性がますます顕著になってきている。そのような世の中に対応する資質として求められているのは、根拠のない直感ではなく、物事を理論的・客観的に評価する姿勢、高度な数学力に基づき科学的に評価する姿勢―リスクマネジメントする能力である。主体的に物事を考え、多様な背景をもつ周囲に自分の考えを的確に伝える確かな語学力、ならびに、異なる言語や文化的・歴史的な背景に由来する価値観や差異を乗り越えて、関係を構築するためのコミュニケーション能力と協調性、課題を発見し、分析、解決する力を備えた人材が求められている。

今や、グローバル化する現代社会の共通課題に対して、諸問題解決のために「数学的リテラシー」、数学的知識や分析する技能の活用、数学的・客観的分析力は、内外の様々な状況や文脈で問題を解決する過程で必要となる諸能力である。基礎的な数学の知識を応用して社会問題の解決に役立てていく学問領域として、「科学の力で世界を理解し、世界を変える」ことが求められる時代に入っている。

ケンブリッジ大学生との交流

Chinese Programme at Fitzwilliam College, Cambridge University

Welcome!
This programme will enable you to follow in the footsteps of Stephen Hawking, Xu Zhimo, Sir Isaac Newton, and other world-famous figures from the Universities of Oxford and Cambridge.

You will receive lectures from a variety of different academics associated with two different universities. Students participate in different projects to enhance their debating skills and their business innovation skills. Ask questions and challenge your lecturers in a typical Oxbridge format.

Students become a part of these historic British institutions and interact with our members of staff who are Oxbridge students and graduates.

I really like the lectures here because back in China we just learn a lot of courses about our major, but here I learn a lot of different things, like economics, literature, and study skills.

I love the lectures here. We had a lot of different lectures about different topics.

As a university student, I have never done a debate. It may be quite a challenge for me but I’m glad to take this challenge.

Students on the programme will visit some of the UK’s most famous landmarks. Included on a trip to London for a full day, they will see Big Ben, the Palace of Westminster, Buckingham Palace, and sights such as the British Museum and Trafalgar Square.

I’ve been a councillor for the past two years. I was a Cambridge student for four years. I love working with the students.

The staff are all cute and they’re friendly.

I learnt about how to open my mind to different cultures, open my mind to different people, and open my mind to different environments.

You experience a life here. Prepare yourself for an amazing journey.

We invite you to become part of this prestigious programme and experience life at the world’s most renowned universities.

From all of us here, we’re looking forward to meeting you.

Professor Stephen Hawking’s message

Dear Distinguished Guests, Alumni, Colleagues and Students,
When I arrived in Cambridge, I was lucky.
I was lucky to meet the brilliant minds that broadened my horizons.
I was lucky to be given the space to think, and I chose to think about space.
I was lucky to find the one place in the world where I could make my mark, but neither Cambridge nor I have finished yet. 
To transform all of our futures we can and we must do more because we have many more world-changing ideas to give.
But dear world, we can not do this without you.
Yours, Cambridge.

■Scale of Proficiency (英語レベル別表)

ケンブリッジ大学留学での英語言語教育は、CEFR (Common European Framework of Reference for Languages外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠) を基準に指導し、評価します。

熟練した
言語使用者
C2 聞いたり読んだりした、ほぼ全てのものを容易に理解することができる。いろいろな話し言葉や書き言葉から得た情報をまとめ、根拠も論点も一貫した方法で再構築できる。
自然に、流暢かつ正確に自己表現ができる。
C1 いろいろな種類の高度な内容のかなり長い文章を理解して、含意を把握できる。言葉を探しているという印象を与えずに、流暢に、また自然に自己表現ができる。社会生活を営むため、また学問上や職業上の目的で、言葉を柔軟かつ効果的に用いることができる。複雑な話題について明確で、しっかりとした構成の、詳細な文章を作ることができる。
自立した
言語使用者
B2 自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、複雑な文章の主要な内容を理解できる。母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやり取りができるくらい流暢かつ自然である。幅広い話題について、明確で詳細な文章を作ることができる。
B1 仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば、主要な点を理解できる。その言葉が話されている地域にいるときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。身近な話題や個人的に関心のある話題について、筋の通った簡単な文章を作ることができる。
基礎段階の
言語使用者
A2 ごく基本的な個人情報や家族情報、買い物、地元の地理、仕事など、直接的関係がある領域に関しては、文やよく使われる表現が理解できる。簡単で日常的な範囲なら、身近で日常の事柄について、単純で直接的な情報交換に応じることができる。
A1 具体的な欲求を満足させるための、よく使われる日常的表現と基本的な言い回しは理解し、用いることができる。自分や他人を紹介することができ、住んでいるところや、誰と知り合いであるか、持ち物などの個人的情報について、質問したり、答えたりすることができる。もし、相手がゆっくり、はっきりと話して、助けが得られるならば、簡単なやり取りをすることができる。
Achieve a precise, differentiated expression of thoughts and opinions in a natural style 10 C2
Mastery
Argue your case and negotiate skillfully
Write virtually flawless essays and reports
Feel fully comfortable in the language 9 C1
Advanced
Be creative in the language and develop a personal style
Put across complex points of view in meetings, seminars, reports and presentations
Intervene in a discussion appropriately 8
Develop ideas systematically
Emphasise specific points in meetings, seminars, reports and presentations
Keep up with a lively discussion among native speakers and interact spontaneously and comfortably 7 B2
Upper
Intermediate
Present and defend your own point of view
Reliabl pass on detailed information
Participate actively in longer discussions 6
Describe problems in detail
React to the comments of others
Talk on the phone without difficulty
Join in the conversation unprepared 5 B1
Intermediate
Formulate thoughts
Monitor and pass on information
Give detailed instructions
Maintain a conversation and chat with friends 4
Respond flexibly to a different situation
Express feelings
Make yourself understood in predictable everyday situations 3 A2
Elementary
Obtain specific information
Describe events and personal experiences
Obtain simple information 2
Understand answers to questions
Discuss what to do
Describe activities
Simple communication on holiday 1 A1
Beginner
Make reservations in hotels
Get what you need in restaurants and shops

■CEFR/IELTS/TOEFL/TOEIC/PTE/英検 スコア換算表目安

CEFR IELTS TOEFL iBT TOEFL CBT TOEFL PBT PTE TOEIC 英検
C2 9 120 297~300 673~677 87~90 - -
8.5 119 293 670 83~86 - -
C1 8 117~118 287~290 660~667 79~82 - -
7.5 109~116 267~283 630~657 73~78 970~990 -
7 100~108 250~263 600~627 65~72 870~970 1級
B2 6.5 90~99 233~247 577~597 58~64 820~870 -
6 80~89 213~230 550~573 50~58 740~820 準1級
5.5 69~79 192~212 521~549 42~49 600~740 -
B1 5 61~68 173~190 500~520 35~42 550~600 2級
4.5 52~60 150~170 470~499 28~34 500~550 -
 4 45~51 130~149 450~469 ~27 450~490 準2級
A2 3.5 33~44 110~129 400~449 - 300~440 -
3 29~32 100 391~399 - 291~299 3級
A1 2.5 20~28 90 390 - 270~290 -
2 12~19 - 350~389 - 260~269 4級
1.5 - - - - 100~259 5級

日常生活について

滞在形式

ケンブリッジ大学フィッツウィリアム・カレッジでの留学滞在形式は、基本的にはホームステイです。 夏期短期留学には学寮ステイもあります。

通学について

基本的にはホームステイ先から学校までは各自でバス、自転車、徒歩で通学します。通学時間はホストファミリーの場所にもよりますが、15分~45分くらいが目安です。学校までの行き方は、ホストファミリーが教えてくれますので、ご安心ください。

食事について

ホームステイ中は、基本的には朝食・夕食の2食、昼食は各自、大学の食堂などを利用します。朝食はコーンフレークやトースト、コーヒー、ティーという簡単なものです。ほとんどの家庭では、自分の食べるものを自分で用意して食べるか、ホストファミリーと一緒に調理して食べます。
アレルギーなどで食べられないものや、嫌いなものがあれば事前に伝え、また食事の量は家庭によって違いがあるので、「多い/少ない」などは遠慮せずに言いましょう。

入浴・洗濯について

ほとんどの家庭では、バスタブでゆっくりとお湯につかる日本のような入浴ではなく、シャワーだけ10分程度で済ませます。石鹸やシャンプー、ドライヤーなどは家庭のものを使わせてもらいます。自分独自使用のものは自分で準備しましょう。海外のほとんどの場所ではお湯はタンク式になっており、一定量のお湯がなくなると、次にタンクにお湯が貯まるまで待たなくてはなりません。またバスルームは洗面所とトイレが一緒になっている場合が多く、長い間バスルームを占用していると、他の人がトイレなどを使用できなくなってしまいます。「郷に入れば郷に従え」ということで、入浴はなるべく早く切り上げるよう心がけましょう。
洗濯については、ホームステイ先によって2通りの方法があります。ホストファミリーの分と一緒に洗ってもらえる場合と、自分の分は自分で洗濯する場合があります。家庭によって方法が違うので最初に確認しましょう。自分の分は自分でという場合でも、洗剤などはファミリーのものを使わせてもらえます。

コミュニケーションは積極的に!

語学力が乏しいということだけで、コミュニケーションがうまくとれないことはありません。明るさ、積極性、礼儀正しさがあれば言葉の壁は必ず克服できます。基本的な “Please”、“Thank you”、”Excuse me”という言葉は日常生活をお互いが気持ちよく過ごす上でとても大切な言葉です。これらの言葉を自然に言えるように常に意識しておきましょう。大事なことは、自分の意思をハッキリ相手に伝えよう、会話を楽しもうとする積極的な姿勢です!思い切って、”Hello,,,”、“Excuse me,,,” と話しかけてみて!

ホームステイについて

ホームステイは“現地に住む一般家庭での普段の生活を体験する”ものです。
ホームステイを体験することで、生活習慣や文化の違いなど、現地の生活を身近に体感することができます。

その国の素顔を発見!

ホテルに泊まっているだけではわからない、その国の素顔。例えば、家の間取り、日本と違う調味料や食材、手入れの行き届いた庭、家庭の家事分担の様子、家族の関わり、子供たちの遊び、休日の過ごし方など、一緒に暮らしてみなければわからない発見はたくさんあります。

ホストファミリーの家庭はさまざま・・・

ホストファミリーになってくれる方々は、日本の私たちの家庭が一つ一つ違うようにさまざまです。家族構成や習慣などはファミリーによってそれぞれ違います。それぞれのファミリーを比較するのではなく、お互いに尊重し理解しあえる心がけが大切です。

思い切って話しかけてみて!

「英語が通じなかったらどうしよう」という不安はもっともありがち。初対面の人と、しかも英語でコミュニケーションをとれるかどうか不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、心を開いて意思を伝えることが重要です。
コミュニケーションは片言の英単語と身振り手振りで十分です。 重要なことは、自分の意思をハッキリ相手に伝えようとする努力と、会話を楽しもうとする積極的な姿勢です。 ホストファミリーと良い関係を築くためには、その国の文化やものの考え方を理解しようとする気持ち、積極性と柔軟性、そしてホストファミリーとのコミュニケーションが大切です。 語学力不足による誤解を避け、お互いに理解し合うためにも、自分から積極的に話をし、ここから国際交流の第一歩を踏み出しましょう。

イギリスのホームステイでは、受け入れ家庭の人種的・宗教的背景は様々です。
英語圏だからといって、白人家庭とは限りませんし、子供のいる家庭、父子・母子の家庭、子供が巣立っている老夫婦の家庭など、様々です。留学生を家族の一員として迎え入れ、お互いの文化を分かち合おうとする気持ちは皆同じです。どの家庭も事前に慎重に選定されています。また、異性、同性を問わず他国籍の学生が同居する場合があります。

(注意)

ホストファミリーはマッチングを重視するため、出発間際まで決まらない場合が多々あります。
また、やむを得ない事情によって、到着直前にホストファミリーが変更することもありますので、ご了承ください。

イギリスでのホームステイについてガイドライン

受講生の声

英国ケンブリッジ大学フィッツウィリアム・カレッジ
学術交流包括協定派遣留学プログラム

日本窓口

お問合せはこちら 資料請求

お申込みはこちら

学術交流包括協定派遣 短期留学

ケンブリッジ大学 (春期) 申込み ケンブリッジ大学 (夏期) 申込み

学術交流包括協定派遣 中期留学

ケンブリッジ大学(春期) 申込み ケンブリッジ大学(秋期) 申込み

学術交流包括協定派遣 長期留学

ケンブリッジ大学 申込み

フォトギャラリー