Road to Cambridge®
比類なき伝統と名声を誇る
ケンブリッジ大学で学ぶ
「中・長期留学」

中・長期留学場所

比類なき伝統と名声を誇る、世界の科学の発祥の地、科学の最先端を進むケンブリッジ大学は近代国家成立以前から存在し、ある意味で国づくりの基盤的役割を果たしてきました。そこには決して場当たり的ではない仕組み、国や社会の営みを支える哲学が根付いており、800年以上の歴史と伝統を築いてきました。 ケンブリッジ大学は、現代社会の贅沢、華やかさ、便利さを提供する場所ではありません。本来、相矛盾するものと考えられている伝統と革新が共存し、結合させることを指針とする教育を提供しています。時代の流れによって変わってはならないもの、変わらなければならないもの、古今東西変わらぬ、人の喜怒哀楽を理解し、次代を担う青少年が継承しなければならない原点となるものを、今なお、粛々と、伝えています。 本中・長期留学は、ケンブリッジ大学の学生や現地の留学生たちとの交流を通して、「自由と規律」の英国の伝統的全人教育を体験し、自国および他国の文化の共通点、違いに対する理解を深め、国際的視野を豊かにすることを目的とするグローバル人材育成推進プログラムです


Professor Stephen Hawking’s message

Dear Distinguished Guests, Alumni, Colleagues and Students,
When I arrived in Cambridge, I was lucky.
I was lucky to meet the brilliant minds that broadened my horizons.
I was lucky to be given the space to think, and I chose to think about space.
I was lucky to find the one place in the world where I could make my mark, but neither Cambridge nor I have finished yet. 
To transform all of our futures we can and we must do more because we have many more world-changing ideas to give.
But dear world, we can not do this without you.
Yours, Cambridge.

中・長期留学内容

・ケンブリッジは学府の都、学生街です。キャンパスに参集している世界中からの学生たちと国際交流を深めることができる希少価値のある経験です。
・ケンブリッジ大学中・長期留学は、スピーキング、ライティングのプレゼンテーション能力養成を重視します。 ケンブリッジ大学の特徴を生かして、主体性と協調性を兼ね備えたグローバル人材育成コースです。
・トップレベルの有資格者による英語レッスン、国際社会(政治・経済・文化)について講義、ケンブリッジ大学の学生やコミュニティでのフィールドワーク・課外活動を通して、コミュニケーション能力と異文化を受容する力、国際レベルで対等に自己表現する発信力を養成します。
・ケンブリッジ大学中・長期留学は、ケンブリッジ大学を構成する31のカレッジの一つ、ヒューズホールで実施します。
・滞在形式はケンブリッジ市内のホームステイで、英国の一般的な家族生活を経験してください。

※下記資料の閲覧にはIDとパスワードが必要です
IDとパスワードは、メール でお問い合わせください。

 ・ケンブリッジ大学直通マン・ツー・マンIELTS対策オンラインコース
 ・シラバス

プログラムの特徴

○ 名門ケンブリッジ大学中・長期留学
○ 「自由」と「規律」の英国の伝統的全人教育
○ トップレベルの講師陣と講義による語学レッスン
○ 世界の学生と出会うインターナショナルなフィールドワークと課外活動
○ 英国での滞在形式はホームステイ
○ 社会文化研修

ホームステイについて

ケンブリッジでの滞在形式は、ホームステイです。
ホームステイは、現地に住む一般家庭で家族の一員として普段の生活をするものです。 ホームステイを経験することで、現地の人たちとの交流が深まるとともに生活習慣や文化の違いなど、現地の生活の素顔を見ることができます。
どの家庭も事前に慎重に選び、しっかりとした家庭ですので、
ご安心ください。


お問い合せ

【 ICC インターナショナル・コミュニケーションズ・カウンシル 】
・TEL(+81)50-3821-2215 Eメール

フォトギャラリー

大学の様子やケンブリッジ大学の学生との交流の写真をご紹介しています。

Copyright © International Communications Council All Rights Reserved.